webライター

webライターは主婦でもなれる?収入や稼ぐ方法を徹底解説!

お悩みちゃん

webライターに興味があるけど主婦でも稼げるの?

主婦がwebライターをすると、収入はどのくらいになるの?効率よく稼げる方法があったら、知りたいな。

最近よく耳にするwebライターですが、実際のところ稼げるのかどうか、気になる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、webライターは主婦でもできるのか、どのくらい稼げるのかを解説していきます。

ふじこ

私は自宅で子どもを育てながらwebライターとして活動し、月に3万円〜5万円稼いでいます

この記事を読むと、webライターは外に働きに行くのが難しい主婦こそ向いていて、しっかりと稼げる職業だと理解できます

webライターとは

パソコンの左にノート

webライターとは、「web上の文章を書く人」のこと。

webライターは、WEBサイトを運営する企業や個人に変わって、記事を執筆します。

実際には、次のような内容の仕事を扱います。

  • SEO記事
  • 製品紹介記事
  • シナリオ作成
  • SNS投稿
  • 電子書籍の執筆

ふじこ

買い物をする際にネットで検索すると、「〇〇のおすすめ20選」といった記事が掲載されていますよね。このような記事をwebライターが書いています。

webライターになるためには資格などは特に必要ありません。「私はwebライター」と名乗れば誰でもなれます。

webライターで主婦が稼げる収入の目安

では、主婦がwebライターとして活動すると、どのくらい稼げるのでしょうか。

主婦webライターの一般的な収入は、次のとおりです。

未就学児童がいる主婦・・・月1万円〜10万円

小学生以上の子どもがいる主婦・・・月5万円〜月20万円以上

主婦といえど、家庭の状況はさまざま。

未就学のお子さんがいる家庭と子どもが小学生以上の場合では、収入は大きく異なります。

ふじこ

webライターで稼ぐには一定の作業時間がいるので、未就学のお子さんがいる主婦が大きく稼ぐのは正直、厳しいです。

ただし努力次第では、webライターで月50万円以上稼ぐことも夢ではありません。

実際に多くの主婦ライターが活躍されているのを、インターネットを検索すれば伺えるでしょう。

webライターになる方法

ソファに座りパソコンをする女性

基本的な日本語の読み書きができれば、誰でも「webライター」になれます。

しかし「webライター」と名乗ったところで、すぐに仕事を得られるわけではありません。

では、どうすればwebライターになれるのでしょうか。

それは「クラウドソーシング」に登録することです。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を依頼したい企業などが、不特定多数の人に業務を発注できるプラットフォームのこと。

人脈がある場合は別ですが、webライターとして仕事を得るにはクラウドソーシングに登録する方法が最も効率的に稼げます。

ふじこ

クラウドソーシングは、仕事を受注したい人と、仕事を探している人が出会える「マッチングサービス」のようなものです!登録は無料でできます。

クラウドソーシングに登録する

webライターを始めるには、次の2つのクラウドソーシングに登録すればOKです。

上記の2サイトは、古くからあるサイトで求人数が多いのが特徴。

初心者向けの求人も多く、webライターをはじめるにうってつけのサイトです。

クラウドワークス ランサーズでの違いは特にないので、使いやすいと感じる方に登録してみてください。

もちろん両方に登録するのも、ありです。

ふじこ

私は「クラウドワークス 」をメインにしています。ランサーズよりも直感的に使いやすいと感じたからです。

webライターのメリット

主婦がwebライターをするメリットは、次の3つです。

  • 子どもが家にいても稼げる
  • 初期投資がほとんどかからない
  • パート以上に稼げる

どういうことか、順番にみていきます。

子どもが家にいても稼げる

webライターは子どもが家にいてもできる仕事です。

通常、webライターが請け負う仕事は自宅で完結できるためです。

「仕事をしていないから保育園に子どもを預けられない」と悩む方でも、仕事をすることができます。

ふじこ

実際に私も3歳の娘を保育園に預けず、月5万円の収入を得ています。

子どもの預け先がないけれど収入を得たい」と考える主婦には、webライターはピッタリな仕事と言えるでしょう。

初期コストがほとんどかからない

webライターを始めるにあたっての初期コストは、ほとんどかかりません。

スマホやパソコン、インターネット環境さえ揃っていれば、仕事ができるためです。

仕事は自宅でできるので事務所を借りる必要もありません。

ふじこ

実際に私もwebライターを始めるからと言って、新しく購入したものはありません。

webライターを始めて「この仕事は合わない」と感じ辞めたとしても、損することは1つもないのです。

初期コストがかからないということは、主婦にとって大きなメリットです。

パート以上に稼げる

webライターの仕事が軌道に乗り出すと、パート以上に稼げます

文字単価が上がったり、執筆スピードが上がったりすると、収入をより得られるためです。

ネットを検索すると、月20万円以上稼いでいる主婦の方はたくさんいらっしゃいます。

中には月100万円以上稼いでいる方も。

パートであれば時給制であるため、給料が上がったとしても数十円程度が良いところ。

webライターいくらでも上を目指せる職業なので、主婦でも努力次第でパート以上に稼げます。

webライターのデメリット

主婦がwebライターをするメリットもありますが、デメリットもあります。

主婦がwebライターをすると、次の3つのデメリットに悩まされるでしょう。

  1. 自分の時間がなくなる
  2. 納期に追われる
  3. はじめは全く稼げない

それぞれ詳しくみていきましょう。

自分の時間がなくなる

webライターで稼ぐためには、ある程度の作業時間が必要です。

  • スマホを見る
  • 雑誌を読む
  • 横になってゴロゴロする

こういった時間はほとんどなくなると認識しておいたほうがいいです。(特に子どもがまだ幼稚園に行っていない方)

実際に、私の1日のスケジュールはこんな感じです。

  • 朝〜夜9時まで 子育てや家事
  • 夜9時〜0時まで 執筆活動

日中は子育てに追われ、その後にライター業。なかなかキツイです

納期に追われる

webライターが受注する仕事には、納期が設定されている案件がほとんどです。

納期を守るのは、webライターとして当然のこと。

しかし、次のような悩みが主婦ライターにはつきものです。

  • 子育てで疲れてライターの仕事まで手が回らない
  • 子どもが体調を崩して看病しなくてはいけない

家事や育児にくわえて、納期も厳守しなければならない辛さは、webライターの宿命です。

はじめは全く稼げない

主婦に限った話ではありませんが、webライター初心者は全く稼げません。

なぜなら、文字単価が1円以下と低いためです。

文字単価0.5円で2000文字の記事を受注したとすると、収入は1,000円。

2000文字を書くのも初心者のうちは大変なので、時給で換算すると、200円以下なんてこともざらです。

その期間を耐えると稼げるようになってきますが、数ヶ月は全く稼げないのが現実です。

高収入を目指すならブログを作成しよう

パソコンを打つ女性

「webライター初心者は稼げない」のは仕方がないこと言っても、実は、効率よく稼げる方法があります。

それは、自分のブログを運営し、記事を書くこと

ブログを運営すると、実績があるという証明になるので、良い案件を獲得しやすくなります。

この際の注意点は、「WordPressブログ」を作成すること。

これについては、こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

>> 10分でWordPressブログを始める方法を読む

まとめ

今回はwebライターは主婦でもなれるのか、どのくらい稼げるのかを解説しました。

webライターは主婦でもできて、月1万円〜5万円は誰でも稼ぐことができます。

頑張り次第では、月50円以上も夢ではありません。

ただしwebライターを始めて数ヶ月は、ほとんど稼げないのが実情です。

そのため、効率よく稼ぐには、WordPressでブログを運営するのが必須です。

WordPressブログは実績になりますし、将来的にブログで稼ぐこともできます。

WordPressを開設して、子育ても楽しみながら、自宅でさくっと稼いじゃいましょう。

ABOUT ME
ふじこ
ふじこ
夫と2歳の娘と3人で暮らしています。倉庫業の人事課に勤務。現在は専業主婦のかたわら、webライターとして活動しています。 子育てや生活をよりよくする情報をゆるく発信していきます。 令和2年度社会保険労務士合格。